2018年 10月 15日 (月)

古代史研究家、古田武彦さん死去 「邪馬台国ではなく邪馬壹国」という説を主張

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   古代史研究家の古田武彦さんが2015年10月14日、京都市西京区の病院で亡くなった。89歳だった。故人の遺志により葬儀は行われない。

   福島県生まれ。東北大で日本思想史を学び、高校教諭を経て、1984年に昭和薬科大教授に就任した。

   当初、親鸞の研究で知られたが、後に古代史研究に力を注ぐ。中国の歴史書「魏志倭人伝」に記された女王卑弥呼が治める国は「邪馬台国(やまたいこく)」でなく「邪馬壹(いち)国」と主張するなど、独自の主張を展開し、多くの研究者と論争を繰り広げた。合わせて「邪馬壹国」の所在地は現在の福岡市付近にあった、という「九州王朝説」も唱えた。こうした斬新な古代史像は、後に「古田史学」とも呼ばれるようになった。

   著書に「『邪馬台国』はなかった 解読された倭人伝の謎」など。

ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...