2018年 8月 15日 (水)

古代史研究家、古田武彦さん死去 「邪馬台国ではなく邪馬壹国」という説を主張

印刷

   古代史研究家の古田武彦さんが2015年10月14日、京都市西京区の病院で亡くなった。89歳だった。故人の遺志により葬儀は行われない。

   福島県生まれ。東北大で日本思想史を学び、高校教諭を経て、1984年に昭和薬科大教授に就任した。

   当初、親鸞の研究で知られたが、後に古代史研究に力を注ぐ。中国の歴史書「魏志倭人伝」に記された女王卑弥呼が治める国は「邪馬台国(やまたいこく)」でなく「邪馬壹(いち)国」と主張するなど、独自の主張を展開し、多くの研究者と論争を繰り広げた。合わせて「邪馬壹国」の所在地は現在の福岡市付近にあった、という「九州王朝説」も唱えた。こうした斬新な古代史像は、後に「古田史学」とも呼ばれるようになった。

   著書に「『邪馬台国』はなかった 解読された倭人伝の謎」など。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中