2019年 11月 20日 (水)

今日は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の「未来の日」 現実は、どこまで映画に追いついたのか

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   今日(配信日)は、2015年10月21日。26年前に公開された映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」で、主人公たちがタイムスリップした「未来」がこの日だ。アメリカだけでなく日本でも記念イベントが開催されるなど、世界中のファンが盛り上がっている。

   なかでも話題になっているのは、劇中で予想された「未来」がどれだけ当たっているのか、ということ。「空飛ぶ車」や「ホバーボード」など、当時は未来の発明とされたものが、どれだけ実現しているのだろうか。

  • 出演者2人の「答え合わせ」が話題になった(画像は米トヨタ公開のユーチューブ)
    出演者2人の「答え合わせ」が話題になった(画像は米トヨタ公開のユーチューブ)

テレビ電話や指紋認証、3D映画は実現

   「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」で主人公マーティは、科学者ドクが発明したタイムマシン「デロリアン」に乗って、過去や未来にタイムスリップする。作品冒頭、彼らが訪れた30年後の「未来」が2015年10月21日だ。

   スティーブン・スピルバーグさんが製作総指揮を務め、ロバート・ゼメキス監督がメガホンを取った同作には、ユニークな発明品が数多く登場する。すでに実用化されたものもある。

   たとえばテレビ電話や指紋認証、3D映画は、すでに日常生活でおなじみだ。浮遊するスケートボード型の「ホバーボード」もテスト段階ではあるが、かなり実現に近づいている。トヨタ自動車のブランド「LEXUS(レクサス)」の企画で開発が進められ、15年8月には磁気のレールの上を走る様子が公開された。

   「空飛ぶ自動車」も現実のものになる日が近づいている。スロバキアのエアロモービルが開発中の「エアロモービル3.0」は折り畳み式の翼とプロペラがついていて、14年10月には実際に空を飛んでみせた。同社は17年に発売する予定だと発表している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中