日本テレビ、容疑者映像取り違えで謝罪

印刷

   日本テレビは2015年10月22日夕方のニュース番組「news every.」の中で、10月21日の放送で脱税事件を報じた際、容疑者として別人の映像を流したとして陳謝した。脱税事件では、元税理士の男(70)ら4人が脱税を指南したとして法人税法違反の容疑で逮捕された。容疑者として映像が流れた男性は事件とは無関係だった。確認が不十分だったことが原因で、日本テレビでは再発防止に努める。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中