2021年 8月 1日 (日)

「ゆづのライバル」宇野昌磨が急浮上 つぶらな瞳や優しい笑顔が女性ファン魅了

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   フィギュアスケートグランプリシリーズ第1戦で初出場ながら2位に入った宇野昌磨選手(17=愛知・中京大中京高=)は、ファンに「しょーま様」という愛称で呼ばれ、羽生結弦選手(20=ANA=)を思わせる人気も出てきた。

   人気、実力ともに3歳年上の羽生選手を超えられるか。ファンも「(羽生選手の)寝首をかく一番手」「良いライバル」と熱い視線を注いでいる。

  • 「しょーま様」に女性ファンが熱視線(写真:ロイター/アフロ)
    「しょーま様」に女性ファンが熱視線(写真:ロイター/アフロ)
  • 「しょーま様」に女性ファンが熱視線(写真:ロイター/アフロ)

パトリック・チャンをも抑える実力の持ち主

   宇野選手は2015年10月23日、24日にアメリカ・ミルウォーキーで行われたスケートアメリカ第1戦で、堂々2位に入った。23日のショートプログラムでは4位と出遅れたものの、24日のフリーで自己ベストとなる176.65点を叩きだした。結果は、首位とわずか1.52点差という好記録。シニア初出場2位は05年中国杯の浅田真央選手 (25=中京大)に並ぶ快挙だ。14年のソチ五輪で金メダルを獲得した羽生選手ですらシニアのデビュー戦(編注:10年のNHK杯)は4位だったことから、「羽生超え」と報じるマスコミも見られた。

   宇野選手は15年3月の世界ジュニアで初優勝し、今季から本格的にシニアへ参戦した。10月3日のフィギュアスケート・ジャパンオープン(さいたまスーパーアリーナ)では、2度の4回転ジャンプに成功し、ハビエル・フェルナンデス(スペイン)やパトリック・チャン(カナダ)といった世界王者をも抑えた。

   こうして実力を上げた宇野選手は、フィギュアスケートファンに「しょーま」「しょーま様」という愛称が付けられ、羽生選手と比べられる機会も増えている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中