2019年 6月 19日 (水)

「メディアには『志』がない!」 伊勢谷友介が自らの「貰い事故」報道に異議

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   俳優の伊勢谷友介さん(39)が、自らの「貰い事故」を報じたメディアに対し、「何の意図も意思もない」とツイッターで不満をぶちまけた。そこには、伊勢谷さんが実践を唱えている独特の考え方があるようだ。

   伊勢谷友介さんは好きな大型バイクの運転をしていて、タクシーとの事故に遭った。

  • 自らの志は、座右の銘の「挫折禁止」
    自らの志は、座右の銘の「挫折禁止」

ネットでは「すっかり松陰になっとるw」の声

   報道によると、東京都内で2015年10月27日夜、タクシーが左に車線変更してきて、バイクの伊勢谷さんが転倒し、そのままタクシーと接触した。伊勢谷さんらにケガはなかった。事故原因としては、タクシーの運転手が後ろをよく見ていなかったためとされている。

   伊勢谷さんに非はなかったらしいが、各メディアが一斉に接触事故を報じた。すると、翌28日になって、伊勢谷さんは、「個人の貰い事故なんぞどうでも良いだろ」とツイートを始めた。

「それより大事なことが溢れてる。それでも話題にするのは、される側として迷惑であり、する側としてもお金になるか ならないかのメリットしかない。要するに、発信者には何の意図も意思もない。情報を流したのが誰かは知らない。ただその人間は、志の行動ではない」

   そのうえで、伊勢谷さんは、メディアが伝えるべきは社会的課題だとして、「選択に志がない」と批判した。

   こうしたツイート内容については、ネット上で様々な意見が出ている。

   「たしかにこの手の報道はいらん」「怪我もないならそっとしとけ」と同意する声は多かった。一方で、「有名税ってやつだ」「神経質すぎる」「こういう発言をする事自体が火に油」といった指摘があった。

   伊勢谷さんは、NHKで放送中の大河ドラマ「花燃ゆ」で、明治維新の精神的指導者とされる吉田松陰役を務めている。それだけに、「すっかり松陰になっとるw」との声も出ていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中