2020年 8月 11日 (火)

ディズニーデートで男子が女子とケンカする「理由」 「いっそ男だけ」という気楽な楽しみ方が増えている?

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   かわいいキャラクターがあふれ、パレードやアトラクションが日常を忘れさせてくれるディズニーリゾート。誰もがあこがれる夢の国、と思われがちだが、実は「ちょっと苦手」という若い男性が少なくない。「お金がかかる」「人が多い」「疲れる」といった理由があるようだ。

   女性側もこうした男性の気持ちを把握していて、ネットにはランドやシーで「失敗しないデート方法」を指南するサイトもある。

  • ディズニーの入場者の7割は女子。男子は少数派
    ディズニーの入場者の7割は女子。男子は少数派
  • ディズニーの入場者の7割は女子。男子は少数派

金はかかる、人が多い、待ちくたびれる

   入場チケットに交通費や飲食代、年間3000万人以上が集まる人の多さ、人気アトラクションのために1時間以上待ったり、広いパーク内を歩き回ったり...。

   こうした理由でディズニーリゾートを敬遠する若い男性は意外と少なくない。2015年4月1日からの料金改定では、1デーパスポートが500円値上がりして6900円になった。

   運営するオリエンタルランドが公表しているデータでも、来場者の男女比は男性3割、女性7割でこの数年はほぼ横ばい。やはり女性客が中心だ。

   ネットではこうした男性側の気持ちを踏まえ、カップル向けに「ディズニーデート」を指南するサイトがある。

「カップル必見!ディズニーランドデートでケンカしないで楽しめるコツ」
「初めてのディズニーデートで失敗しないための鉄則」

といったタイトルだ。

   なぜケンカや失敗を心配するのか。こうしたサイトでは、待ち時間が長くて会話がなくなる、歩き回った疲れでイライラする、といった理由が挙げられている。ディズニーが大好きな女性同士なら、待ち時間や歩くことも苦にならないかもしれないが、男性にとっては必ずしもそうではないようだ。

   コツとしては、事前に待ち時間が少なくなるチケット「ファストパス」を買うこと、レストランで酒が楽しめるシーに行くことなどが提案されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中