2019年 12月 13日 (金)

綾瀬はるかに2度目の「紅白司会」決定報道 ハプニング連発の過去に「怖いもの見たさ」期待?

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   2015年大晦日に放送される「NHK紅白歌合戦」の司会者3人の顔ぶれが決まった、と日刊スポーツが11月3日付で報道した。その記事によれば、総合司会はNHKの有働由美子アナウンサー(46)、白組司会はV6の井ノ原快彦さん(39)、紅組司会は女優の綾瀬はるかさん(30)に決まった、という。

   NHKからは3日現在、正式発表はないものの、有働アナと井ノ原さんのコンビは、NHK朝の人気情報番組「あさイチ」でおなじみとあって、ネット上ではさっそく二人の息の合ったやりとりに期待する声が上がっている。対照的に「大丈夫?」という心配が広がっているのが綾瀬さんだ。

  • 「迷司会」のリベンジなるか(写真は2013年12月31日のリハーサル時撮影)
    「迷司会」のリベンジなるか(写真は2013年12月31日のリハーサル時撮影)

2013年司会では曲名忘れ、「放送事故」騒動

   綾瀬さんといえば、2013年の大河ドラマ「八重の桜」で主人公・山本八重を熱演したことが記憶に新しい。また、2016年春から放送期間3年の大型ドラマ「精霊の守り人」への主演もすでに決まっており、「NHKドラマの顔」の一人として再び活躍する。日刊スポーツの記事では、こうした点から紅組司会に「ふさわしい」と判断されたのでは、とみている。

   しかし、ネット上ではこの報道を受け、早くも綾瀬さんの起用を案じる声が相次ぎ投稿されている。実は綾瀬さん、2013年の紅白でも紅組司会を務めていたのだが、この時、ネット上では「放送事故」「迷司会」などと大騒ぎになったのだ。

   本番冒頭から「NHKホールが生きているみたいですね」と綾瀬さんワールド全開の「天然コメント」を繰り出したかと思えば、トップバッターの浜崎あゆみさんの曲紹介ではセリフを忘れ「ハイ、ハイ...」とフリーズ。

   miwaさんの紹介時には、審査員席の美輪明宏さんに「同じ名前の美輪さん、いかがですか?」と話を振るも、美輪さんの外国語での回答が予想外だったのか、意味も説明させずに「それでは!」とバッサリ曲紹介に移ってしまった。

   リハーサル時には「紅組」と言うべきところを幾度となく「紅白」と間違えたり、SKE48の曲名「賛成カワイイ!」を「絶賛カワイイ!」と間違えたり、とミスが目立ったが、案の定、本番でもハプニングを連発した。

   aikoさんの曲を紹介する際には、直前のももいろクローバーZの印象が強く残っていたためか、「せーの、もも...間違えちゃった、『Loveletter』!」と言い直すこともあった。

   こうした綾瀬さんの「天然司会者」っぷりは視聴者に強烈なインパクトを与えたようで、本番と同時進行のツイッター上の実況も異様な盛り上がりをみせていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中