2018年 12月 17日 (月)

受動喫煙で子どもの虫歯は2倍以上に 

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   家族のタバコの煙を吸わされた子どもは、家族にタバコを吸う人がいない子どもに比べ、3歳までに虫歯になる可能性が2倍以上になることが、京都大学の川上浩司教授と田中司朗准教授らの研究でわかり、2015年10月21日付の英医学誌「BMJ」に発表された。

   研究チームは、2004~2010年に神戸市で生まれた7万6920人の子どものデータを分析、生後4か月時点での受動喫煙の状態と、3歳児の時点での1本以上の虫歯の状態や治療歴を調べた。家庭内の喫煙者の有無や、子どもがどの程度タバコの煙にさらされたかは、母親へのアンケートで確認した。

唾液が変化し虫歯菌繁殖

   その結果、約55%の子どもは家族に喫煙者がおり、約7%の子どもが煙を吸わされていた。家族に喫煙者がいる子は、いない子に比べて虫歯になる可能性が1.46倍になった。特にタバコを面前で吸われる環境にある子では2.14倍に高まった。米国の研究では、タバコの煙によって唾液の成分が変化し、虫歯の原因菌が繁殖しやすくなることがわかっている。

   この結果について、川上教授はこうコメントしている。

「喫煙者の多くは父親でした。子どもの健康な発育のために、大人は受動喫煙の問題に十分気をつけるべきです」
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中