2019年 12月 15日 (日)

赤ちゃんに覚醒剤、24歳男の謎 動機や方法について様々な憶測

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   赤ちゃんに覚醒剤を投与し殺害したとして逮捕された熊本県在住のアルバイトの男(24)については、驚くべき手口で犯行に及んでいた可能性があることがメディアで報じられている。

   幼い息子にタバコを吸わせた両親が逮捕されて話題になったばかりだが、今度は、覚せい剤を使うという前代未聞の酷い事件が起こった。

  • 赤ちゃんになぜ覚醒剤を…(写真はイメージ)
    赤ちゃんになぜ覚醒剤を…(写真はイメージ)

警察は、捜査に支障と男の認否を明かさず

   報道などによると、容疑者の男は、2015年9月4日3時ごろ、5、6年前に知り合い交際中だったともいう20代の無職の女性とともに熊本市内のラブホテルに入った。女性は、シングルマザーで、生後3か月の長男を連れていた。男とこの乳児には血縁関係はなかった。

   その後、女性は、部屋で寝てしまい、12時半ごろになって長男が泡を吹いて固まっているのを見つけ110番通報した。男は、そのときには部屋にいなかったという。警察や消防が駆け付け、長男は病院に救急車で運ばれたが、急性薬物中毒ですでに亡くなっていた。司法解剖の結果、長男からは、致死量を超える覚醒剤の成分が検出された。

   熊本県警では、女性に不審な言動があったことから、任意で採尿検査をした結果、覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕した。男も同容疑で逮捕され、女性と男は起訴された後、それぞれ11月25、26日に熊本地裁で執行猶予付きの有罪判決を受けていた。

   ところが、男については、12月6日になって、女性の長男に覚醒剤を投与して殺害したとして、殺人と覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕された。県警は、捜査に支障があるとして、男の認否を明かしていないという。

   男が殺した動機や方法については報じられておらず、ネット上では、様々な憶測が出ている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中