2019年 11月 21日 (木)

回転すし「はま寿司」盛り付け崩壊 普通は「あり得ない」のだが...

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   回転すしチェーン「はま寿司」の盛り付けが斬新すぎる、などと話題になっている。握りずしのネタがはがれていたり、軍艦巻きが倒れていたり、軍艦巻きの上に載っているはずのカキフライがレーンに落ちていたりする様々な写真がアップされている。

   タマゴの握りに至っては、シャリとタマゴが分裂され、シャリの上に海苔がクシャクシャになって乗っている、という悲惨なものもある。これは本当なのか、ためにする情報なのか、それとも何か事情があるのか...

  • 「商品開発に関しても見た目というのは非常に重要」とゼンショー(写真は「はま寿司」店舗)
    「商品開発に関しても見た目というのは非常に重要」とゼンショー(写真は「はま寿司」店舗)

機械でしゃりや巻き物を作り、従業員がその上にネタを置いて形を整える

   「ハマ寿司の盛り付けが斬新すぎるwwwww」などとネットで話題になったのは2016年1月5日から。ツイッターから発信されたこうした情報は、まとめサイトなどを通じて一気に広がった。あまりにも悲惨なすしの写真に驚く人が続出する一方、回転すしなんていうものはこういうものだ、とうなずく人もいる。

「写真の通りネタが崩れまくりの寿司が流れてくる始末。味もうまからず」
「地域というか店舗で当たり外れがあるんだろうなあ。地元のはま寿司はまともなので良かった。でも曜日によってはずれの日もある」
「うちの近所のはま寿司はくら寿司よりおいしいけどな。倒れてるのは何回か見たけどあんなに派手なのは見たことないし」

といった意見が掲示板に書き込まれた。「はま寿司」は機械でしゃりや巻き物を作り、従業員がその上にネタを置いて形を整えるという一手間かけた提供になっている。簡単には崩れそうにない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中