2019年 6月 18日 (火)

北川景子、2カラットの「婚約指輪」は1000万円超 大物芸能人はなぜ「ハリー・ウィンストン」を選ぶのか

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   タレントのDAIGOさん(37)と結婚した女優の北川景子さん(29)。その左手の薬指に輝く婚約指輪は、記者会見中もキラキラと輝いて、北川さんの美しさをいっそう引き立ててみせた。

   DAIGOさんが贈った指輪は、米高級宝飾ブランドとしてセレブに人気のハリー・ウィンストンの2カラットのダイヤモンドを施した逸品というが、気になるのはそのお値段だ。

  • 北川景子さんの「婚約指輪」は1000万円超!(画像は、ハリー・ウィンストン「ウィンストン・ブロッサム」のホームページ)
    北川景子さんの「婚約指輪」は1000万円超!(画像は、ハリー・ウィンストン「ウィンストン・ブロッサム」のホームページ)

一般的なダイヤモンドの品質を超えなければならない

   黒のスーツで決めたDAIGOさんと白いワンピース姿の北川景子さん。2016年1月11日に開かれた結婚会見は、華やかな二人の幸せいっぱいのムードに包まれて進行した。

   そんななか、両手でしっかりとマイクを握る北川さんの左手薬指にはめられた婚約指輪がキラリと輝く。DAIGOさんが北川さんのために用意した婚約指輪は、米ハリー・ウィンストン製の「ウィンストン・ブロッサム・エンゲージリング」とされる。

   ハリー・ウィンストンは世界的に最高級の宝飾品ブランド。婚約指輪として人気で、価格帯が高いことでも有名だ。ストーンにこだわり、厳選されたストーンを使用しているため、在庫がそろっていないことも少なくないという。

   同ブランドの公式ホームページには、ダイヤモンドの「4つのC」(カット、クラリティ、カラー、カラット)について、一般的な評価よりもはるかに厳格な品質基準でないと、ハリー・ウィンストンのダイヤモンドにはなれないと記している。最高グレードの中から厳選され、一つひとつが手作業で選びぬかれてつくられている、と制作工程を説明。つまり、美しく、希少価値が高いことが人気の婚約指輪の要因のようだ。

   DAIGOさんが北川さんに贈ったとされる「ウィンストン・ブロッサム」は、センターのラウンド・ダイヤモンドのまわりを、プラチナ台にセッティングされた16枚の小さな花びらで優雅に取り囲んだ可憐なリング。

   記者会見で、DAIGOさんは「彼女にふさわしい指輪を選んでたら、この指輪が一番似合うなと思いました」と笑顔で語った。気になる価格はどのくらいなのだろう――。

   ホームページによると、「ウィンストン・ブロッサム」のセンターストーンは0.5カラット台からで、0.5カラット台は210万円台が中心。0.7カラット台は250万円台、1.0カラット台は410万円台が中心とある。

   北川さんの婚約指輪は「2カラット」のダイヤモンドというから、単純に2倍しても800万円超。ある宝石商は「どう安く見積もっても1000万円は超えます」と話しており、推定1500万円~2000万円とみるのが妥当かもしれない。

   そんな指輪を、北川さんは「いただいてから今日、お披露目するまで、怖くてずっと箱の中にしまっていた」と大事そうに見つめ、「(いただいた時は)スゴイ指輪だったので、びっくりして箱を閉じちゃいました」と、笑って振り返った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中