2018年 12月 12日 (水)

女性だけが持つインフル防御法 ウイルス増殖を抑えるホルモン

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   インフルエンザ流行のシーズンがやってきたが、女性ホルモンのエストロゲンにインフルエンザ・ウイルスの増殖を抑える効果があることが、米ジョンズ・ホプキンス大学の研究でわかり、米医学誌「AJP-LCMP」(電子版)の2015年12月18日号に発表された。

   エストロゲンは男性も分泌するが、この効果は女性限定だ。

マッチョな男がインフルにかかりやすい理由

   これまでもエストロゲンには、エイズ・ウイルスやエボラ・ウイルス、肝炎ウイルスに対して抗ウイルス作用があることが知られていた。また、インフルエンザのワクチンは、男性より女性に効きやすく、ワクチンが効きにくい男性は、男性ホルモンのテストステロンの値が高いという報告もあった。

   そこで研究チームは、エストロゲンがインフルエンザ・ウイルスにも影響を与えるかどうかに着目した。ウイルスの主な感染箇所である鼻の粘膜細胞を男性と女性から採取。そして、インフルエンザ・ウイルスを細胞に感染させ培養した。そのサンプルのうち女性の細胞にエストロゲンを入れると、ウイルスの増殖が千倍近くも緩和された。しかし、男性の細胞には何の変化もなかった。

   男性もエストロゲンを分泌するが、もともと女性に比べエストロゲンの受容体が非常に少ないので、効力を発揮しなかったとみられる。

   研究チームのサビーラ・クライン教授は「今回の発見は新しいインフルエンザ治療薬の開発につながるものです。閉経前の女性は、エストロゲンの分泌量が1か月の中で大きく変化するため、この効果を実感するのが難しいでしょう。しかし、ホルモン療法を用いている女性では、インフルエンザにかかりにくいことは確認できると思います」と語っている。

iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中