ポーカーフェース川谷に異変 疲れ隠せず、ファン「目が暗い」と指摘

印刷

   不倫交際騒動の渦中にあるタレントのベッキーさん(31)と「ゲスの極み乙女。」ボーカルの川谷絵音さん(27)の出演番組が昨夜、それぞれ放送された。

   どちらの番組も「週刊文春」のスクープ後に収録されたもの。2人はいつもどおりの笑顔を見せていたが、ネット上ではファンらから「やつれた」「疲れ顔」といった指摘が目立った。

  • NHK紅白歌合戦にも出演した「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音さん(2015年12月29日撮影)
    NHK紅白歌合戦にも出演した「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音さん(2015年12月29日撮影)

しっかり喋ったのは1回だけ

   ベッキーさんが登場したのは2016年2月7日夜放送の「世界の果てまでイッテQ」(日本テレビ系)だ。

   所属事務所がレギュラー番組の休業を発表したことに伴い、スタジオトーク冒頭で顔が大きく映ると、前回放送時と同様「※収録は1月26日に行いました」という異例のテロップが表示された。

   その後、司会の内村光良さんの話に合わせて笑う姿こそ度々映ったものの、しっかり喋ったのはたった1回だけ。番組中盤、内村さんから「さぁ続いて参りましょう、ベッキーよろしく」とふられ、「はい、続いてはこちら!」と次のコーナーを元気に紹介していた。

   前回放送時と同じ日に収録されたものだが、ネット上では今回も、

「ベキちゃんめっちゃ痩せてた」
「いつもの生き生きした感じがない」
「やっぱベッキーやつれたねー」

と、見た目の変化を指摘する声が相次いだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中