2019年 12月 8日 (日)

逮捕・世田谷区職員が同僚「残業時間」を改竄できたズサン管理の実態 「マイナンバー大丈夫か」と批判相次ぐ

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   東京都世田谷区職員の男(56)が嫌がらせで同僚の残業時間をゼロなどにする内部データの改竄をしたとして、警視庁に逮捕された。

   あまりにずさんな情報管理も明らかになり、マイナンバー制度の本格運用に不安が出ているときだけに、区に対して批判の声が上がっている。

   逮捕された職員は、世田谷区の清掃事務所に勤めていた。

  • 給与データ改竄が発覚した世田谷区役所
    給与データ改竄が発覚した世田谷区役所

以前も個人情報がらみで逮捕されていた

   報道などによると、職員は2015年9月26日、職場の自分のパソコンから区の給与などを扱う管理システムにアクセスし、清掃事務所の上司や同僚約30人分の残業時間や休日出勤をゼロにしたり減らしたりして、給与が下がるように工作した疑いが持たれている。世田谷署が16年2月25日に電子計算機損壊等業務妨害(データ改竄)の疑いで職員を逮捕した。

   調べに対し、この職員は、容疑を認めており、「過去の業務ミスを指摘され、弁明の機会もなかったことの腹いせでやりました」と動機を供述しているという。

   こうした内容が報じられると、ネット上では、区に対して批判的な意見が相次いだ。「セキュリティー甘い」「なんで入れてデータいじれんだよ」「危なくてマイナンバーカード申請できないな」といった声だ。

   容疑者の職員は、05年にも別の名誉棄損容疑で警視庁に逮捕されていたこともネットで指摘された。当時の報道によると、出会い系サイトで知り合った女性医師に1回会って断られたことを腹いせに、医師の個人情報をネットで晒していたというものだった。逮捕当時は、区の保健福祉センターに勤めていた。それだけに、この職員がまだ区に勤めていたことにも驚きの声が上がっている。

   なぜ職員は、個人情報を扱う区の給与管理システムにアクセスできてしまったのか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中