2019年 4月 20日 (土)

「ドラえもんはフランスでは放送禁止」? 辻仁成氏のラジオ発言に波紋広がる

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   「『ドラえもん』はフランスで放送禁止になっている」。作家の辻仁成さん(56)がラジオ番組でこう発言して、どこまで本当なのかと波紋が広がっている。

   辻仁成さんは、仏パリを拠点に創作活動を続けており、その生活ぶりについて、2016年3月3日未明放送のTBSラジオ「爆笑問題カーボーイ」で語った。

  • フランスでもアニメは放送
    フランスでもアニメは放送

「ドラえもんみたいなヤツがいたら、子供が成長しない」?

   辻さんの発言があったのは、爆笑問題の太田光さんから、ドラえもんについて「フランスでも人気あったりするんですか?」と尋ねられたときだ。

「あ、ドラえもんはダメなんですね。放送禁止ですから」

   太田さんが「なんで?」と聞くと、辻さんは、フランスの教育委員会が「あんなドラえもんみたいなヤツがいたら、子供が成長しない」と言っていると説明した。太田さんは、「マンガじゃねーかよ」と驚いたが、辻さんは、フランスでは、代わりにユーチューブで見ているとした。フランス人は日本のアニメが好きだというが、ドラえもんを知らない人は多いというのだ。

   子供の教育に悪い理由としては、「子供が困ったときに、何でもドラえもんに助けられて、次々に何か出されたら困る」といったことだと辻さんは話した。これに対し、爆笑問題の2人は、納得しない様子だった。ドラえもんについて、「自分で努力しなさいよ、みたいなのが裏テーマとしてある」「感じさせてるからね、ドラえもんは」と指摘し、「そこをちゃんとね、伝えれば良いのにね」と感想を漏らしていた。

   この放送部分は、ネット上で大きな反響を呼び、次々に疑問や反論が書き込まれた。

「むしろ安易に道具に頼るとしっぺ返しくらうって話が多いわ」
「観たあとにドラえもんのいない現実に戻ってくるところまでが教育なのに」
「じゃあスーパーヒーローとかもダメじゃん」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中