2019年 12月 16日 (月)

はるかぜちゃん「殺害予告」犯の検挙は無理なのか IP隠すソフト「Tor」の壁

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   女優の春名風花さん(はるかぜちゃん、15)がツイッターで、2012年に殺害予告を受けたことに関し、警察からは「犯人をあげることはあきらめて欲しい」と告げられたとつぶやいた。

   それは犯人が「Tor(トーア)」という接続元のIPアドレスを隠すソフトウエアを使ってリプライしていたからだという。はるかぜちゃんは安全にツイッターが使えるようにトーアからのアクセスをなんとかしてほしい、と訴えた。

  • はるかぜちゃんはツイッターでトーア問題と殺人予告犯への批判を展開している(写真は2014年4月撮影)
    はるかぜちゃんはツイッターでトーア問題と殺人予告犯への批判を展開している(写真は2014年4月撮影)

「ぼくのような想いをする人をもう二度と作らないようにしたい」

   はるかぜちゃんに対する殺害予告は12年の夏から秋にかけ、

「オマエ アシタ キエル」
「ラリアットで首吹っ飛ばして東北の人たちにプレゼントすんぞ?」
「はるかぜちゃんをナイフで滅多刺しにしてドラム缶にセメント詰めて殺したい」

などといったツイートが複数回にわたって寄せられた。はるかぜちゃんによれば、このリプライは同一人物の仕業なのだという。

   はるかぜちゃんはその後、ツイッターアカウントを休止したが、最近になって再開。そして、16年3月4日にツイッターで、

「ぼくに殺害予告をした犯人は、もう捕まえる事は出来ません。けれど、ぼくのような想いをする人をもう二度と作らないようにするために、1つだけ方法があります」

とつぶやき、次のようなことも明かした。

   殺害予告があった12年当時、警察に相談したところ、犯人はTorを使って書き込んでいるため逮捕する事はほぼ不可能であり、

「警察がしっかりと身辺を警備するので、犯人をあげることはあきらめて欲しい」

と言われたというのだ。

   Torは誰でも入手できる無料ソフトで、米海軍調査研究所(NRL)が90年代に秘密裏に情報交換するために開発し、オープンソース・コミュニティーの人たちが改良を加えて作り上げたもの。いくつものルートを経由し目的の場所に辿り付き、経由したルートの情報は即座に消滅する。そのため個人が特定されるIPアドレスを相手に知られることなくウェブの閲覧、書き込み等ができるようになる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中