2018年 10月 17日 (水)

八代の避難所で柔道用「畳」大活躍 現地職員と避難者で300枚敷く

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   強い地震が相次ぐ熊本県八代市で避難所の1つとなっている八代市総合体育館に、300枚を超える競技用の畳が敷かれた。

   床に座り続けて体調を崩す場合も多い避難所での生活。現地職員はJ-CASTニュースの取材に「避難されている方々から『うれしい』とものすごく感謝されました」と明かす。

  • 避難者からは喜びの声が(写真は八代市総合体育館の現在の様子。現地の方から提供)
    避難者からは喜びの声が(写真は八代市総合体育館の現在の様子。現地の方から提供)

柔道用の畳が「動員」

「体育館の備蓄倉庫から持ち出しました」

   現地で避難者のケアにあたる八代市のスポーツ振興課担当者は、取材に対しこう話す。

   畳の「動員」が決まったのは、2016年4月16日の昼過ぎ頃。

「おそらく八代市からの指示だと思いますが、『柔道の時に使う畳を出すように』との話になりました。最初は現地職員だけで敷いていましたが、途中『自分も協力したい』とおっしゃった避難者の方々に手伝っていただきました。皆さんから『嬉しい』とものすごく感謝されましたよ」

   畳の枚数は300枚を超える。広大な体育館のスペースに敷き終わるまで「1時間以上かかった」という。

   16日17時半現在、体育館はすでに空きスペースがなく、新たな避難者を受け入れられない状態だという。

   今回の一連の地震で避難所にいる人の数は、熊本県内で9万人に及んでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...