2018年 7月 20日 (金)

熊本被災地でノロウイルス感染 避難所の男性2人から検出

印刷

   熊本市は2016年4月18日、市内2か所の避難所で嘔吐や下痢などの症状を訴えた住民2人から、ノロウイルスが検出されたと発表した。

   17日、千原台高校(同市西区)に避難していた男性1人と楠中学校(同市北区)に避難していた男女2人の計3人が体調不良を訴え、医療機関を受診したところ、女性を除く男性2人からノロウイルスが検出された。

   市感染症対策課の担当者はJ-CASTニュースの取材に対し、「2人以外のノロウイルス患者は現時点で確認できていません。集団感染でなく、恐らく単発事例だと思われます」と話した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中