健康食品230社に虚偽・誇大表示の改善求める 消費者庁

印刷

   ネット上の健康食品について、消費者庁は、230社の306品目に虚偽・誇大表示があり、健康増進法第31条違反の恐れがあるとして改善要請を行った。2016年5月20日、発表した。

   監視は、15年10~12月に行い、サプリメントなどに病気の治療・予防効果があるような表現があったという。同時に、ショッピングモールにも表示適正化について協力要請した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中