2018年 7月 19日 (木)

朝日新聞元社長の一柳氏死去 サンゴ事件で引責辞任

印刷

   朝日新聞社元社長の一柳東一郎(ひとつやなぎ・とういちろう)氏が2016年6月7日、心不全のため東京都内の病院で死去した。91歳だった。

   東京都出身。1948年の入社後、政治部長、西部、東京両本社の編集局長などを経て、84年12月に社長に就任した。89年春、写真部員が沖縄県のサンゴを自ら傷つけて記事を捏造した「サンゴ事件」が発覚したことを受け、同年6月に引責辞任した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中