姉・小林麻耶ダウンの謎が氷解 「麻央乳がん」会見で海老蔵が明かしたコト

印刷

   フリーアナウンサーの小林麻央さん(33)に「進行性がん」というショッキングな報道が出た。夫である歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(38)は同日の2016年6月9日に会見を開き、1年8か月前に乳がんが見つかったことを明かした。

   最近では、麻央さんの姉で同じフリーアナウンサーの小林麻耶さん(36)が体調不良による長期休業を発表したばかり。原因についてはさまざまな憶測が広がっていたが、麻央さんの病気を支える中での心労が大きな要因だったようだ。

  • 休養を発表した姉の小林麻耶さん(画像は公式ブログのスクリーンショット)
    休養を発表した姉の小林麻耶さん(画像は公式ブログのスクリーンショット)

「ぶりっこに疲れた」「パニック障害」の憶測も

   麻耶さんに異変が起きたのは、2016年5月19日のこと。「バイキング」(フジテレビ系)の生放送中に体調を崩して途中退席し、救急車で病院に搬送された。

   当初は検査のために約1週間入院するとされていたが、所属事務所は6月1日、「過労による体調不良が回復しない為、当分の間すべての仕事を休ませて頂く事になりました」と発表。手術しなければならないように大病を患ったわけではないそうだが、休養期間は少なくとも3か月と報じられた。

   突然の長期休養は、さまざまな憶測を呼ぶこととなった。多くは精神面の影響だとするもので、「生真面目さからストレスがたまり、ついにダウンした」「ぶりっこキャラを演じるのに心がついていかなくなった」「結婚に対するプレッシャーがあった」――。中にはパニック障害や、「子宮系女子」という集団との関わりについて言及する踏み込んだ報道もあった。

   ネット上でも心配の声が数多く寄せられた。搬送される前日(5月18日)のブログには、

「わたし、社会人になってからは、友達できなかったから泣。寂しかった。悲しかった。ずっとお友達欲しかった」

との記述もあり、トレードマークである天真爛漫な笑顔の裏で多くの悩みを抱え、ついに限界が来てしまったのではないか、という見方が広がった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中