2022年 10月 1日 (土)

円楽「不倫謝罪」会見が大喜利「爆笑」状態 「ベッキー会見と全然違う」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「『老いらく』じゃなくて、円楽だっていうのに」――。2016年6月10日発売(首都圏など)の写真週刊誌「フライデー」で、一般女性との不倫が報じられた落語家の三遊亭円楽さん(66)。雑誌の発売当日午後に開かれた記者会見は、不倫騒動の謝罪・釈明の場としては異例の「爆笑会見」となった。

   「聞かれたことは全てお答えいたします」という円楽さんの言葉通り、会見は時間・質問内容ともに「一切制限なし」。こうした誠実な対応や、噺家ならではのユーモア溢れるやり取りに、会見は終始和やかなムードで進行。ネット上では、「落語聞いてるみたいだった」と絶賛の声まで出ている。

  • 報道陣からの質問に苦笑する円楽さん
    報道陣からの質問に苦笑する円楽さん
  • 会見では涙を浮かべる場面も
    会見では涙を浮かべる場面も
  • 報道陣からの質問に苦笑する円楽さん
  • 会見では涙を浮かべる場面も

「本人の意向として、楽しい会見にしたい」

「本人の意向として、『ドロドロと重い感じにはしたくない、楽しい会見にしたい』とのことですので、どうぞよろしくお願いいたします」

   事務所スタッフのこんな「前説」から始まった今回の釈明会見。6月10日午後2時から都内のホテルの記者会見場にスーツ姿で現れた円楽さんは、まず報道の内容を事実と認め、「ファンの皆様、落語界を支えてくださっている皆様、スポンサーの皆様に深くおわび申し上げます」と謝罪。続けて、

「46年前の初高座の頃は、『芸人は女性にモテるくらいでないと』とよく言われたものですが、時代錯誤だったと痛感しております。皆様に不快な思いをさせたならば、高座でお返ししたい」

などと涙を浮かべて語り、集まった報道陣の前で頭を深々と下げた。

   また、不倫で会見を開くにあたって、夫人からは「心配しなくていいから頑張って」とエールを送られたとも明かした。「(夫人は)泳がしていてくれる人だから、甘えていた部分もある」と反省の弁も口にしていた。

   このように、会見冒頭は謝罪に徹し、何度も頭を下げた円楽さんだが、報道陣との質疑応答では「噺家の性分」が徐々に表になり出した。「フザけたいけど、フザけられないなあ」と苦笑を浮かべつつも、芸能レポーターの突っ込んだ質問に「座布団一枚」の回答を連発した。

   例えば、「(不倫相手と会わなくなれば)空いた時間ができると思いますが、どう過ごすおつもりですか?」というレポーターの質問に、円楽さんは、

「部屋に引きこもって本を読んで、料理をして・・・ってこれはベッキーさんだね」

と冗談めかして回答。同日に行われたベッキーさんの復帰会見で飛び出た言葉をさっそく引用し、報道陣の笑いを誘った。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中