2021年 9月 19日 (日)

舛添都知事、リオ五輪「人質」に 「不信任案提出待って」「議会解散」にも言及

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

「私は全ての給料をご辞退申し上げて働く」

   舛添氏は「それは私が知事の座に連綿としてしがみつく、そういうことではございません」と、あくまで自身のためではないことを強調。それを示すためか、「私は全ての給料をご辞退申し上げて、全身全霊、都民のため、都政のために働きたいと思っております」と、給料全額カットを明言した。

   そして再び、選挙とリオ五輪が重なることについて「そういう混乱はどうしても公益にそぐわない」と熱弁し、

「どうかそういう意味でこの時期を猶予していただいて、その上で私が都知事としてふさわしくないと、そういうご判断を都議会の皆さんがなさるときには、不信任案を私に頂ければと思います」

と要望した。突然の踏み込んだ発言に議場は妙な雰囲気になった。

   しかし「猶予発言」について、ネット上では

「貴方のせいでとっくの昔に混乱していると思うんですよ」
「都知事としてリオに顔出したらそれこそ恥」
「不信任知事をリオ五輪の映像の中に残すべきでない」

といった厳しい声が多々寄せられている。

   最後の最後で舛添氏が繰り出した「けん制」は今後、どう影響するのか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中