2022年 5月 26日 (木)

マック店員が客に「一緒に働きませんか」 都市伝説なのか、会社に聞くと...

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   深刻な人手不足が続いている外食業界にあって、ハンバーガーチェーン大手の「マクドナルド」が「わたしと一緒に働きませんか」などと、店頭でお客をスカウトしていると、インターネット上で話題になっている。

   店舗運営について、日本マクドナルドホールディングス(HD)は「現時点で(アルバイト・パートの)人数は足りています」と話し、深夜帯などを含め、どの店舗も十分な体制で運営できているという。

  • マックは店頭で、お客に「一緒に働きませんか」と勧誘している(写真は2015年1月撮影)
    マックは店頭で、お客に「一緒に働きませんか」と勧誘している(写真は2015年1月撮影)
  • マックは店頭で、お客に「一緒に働きませんか」と勧誘している(写真は2015年1月撮影)

「業績回復を成し遂げる1年」で「クルー」を積極採用

   外食業の人材不足は深刻で、マクドナルドも例外ではないようだ。経済系のニュースサイトのビジネスジャーナル(2016年6月14日付)によると、マクドナルドが、アルバイトが集まらないため、店頭でお客に「『一緒に働きませんか』とスカウトしている」と報じた。

   J‐CASTニュースが事実を確認したところ、日本マクドナルドHDの広報担当者は6月17日、店頭でのこうしたお客へのアルバイトの勧誘について「よくあることで、もう何年も前から取り組んでいます」と回答した。

   ただ、店頭での「スカウト」を含め、「今年は積極的に採用活動に取り組んでいます」ともいう。

   日本マクドナルドHDの2016年5月の売上高(既存店ベース)は、前年比21.3%増で6か月連続のプラス。客数も5か月連続増となる7.0%増、客単価も6か月連続増の13.3%増となり、回復基調が鮮明になってきた。

   アルバイト・パートのスタッフである「クルー」が十分に確保できないと、深夜帯の営業時間を短縮したり、社員のマネージャーや店長が店舗に出て対応したり、他のクルーの負担が重くなったり、仕事に支障をきたす恐れが懸念される。

   同社は、「今年は業績回復を成し遂げる1年。そのためには多くのクルーが必要です。クルーの採用は重視していますし、積極的に取り組んでいます」と説明する。

   3月からは「クルーになろう」のキャッチコピーと、アイドルグループのAKB48とのコラボによるアルバイト募集のアニメを公開。「クルーの仕事を、理解してもらう活動に積極的に取り組んでいます」と話す。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中