2022年 11月 27日 (日)

宗教団体に「どの党を支持します?」 ストレートな質問に返ってきた答えとは【参院選2016】

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   参院選がまもなく公示され、選挙戦が始まる。選挙権を「18歳以上」に引き下げた改正公職選挙法が2016年6月19日に施行されて以降、初の国政選挙となる。あまり表面化しないものの、選挙の裏側では、政党や候補者の多くが宗教団体の支持や支援を得ようと懸命だ。

   J-CASTニュースでは今回の参院選について、宗教団体・法人がどの政党を支持しているか、などを聞くアンケートを実施した。対象は、若い人もメディアなどを通して名前を聞いたことがありそうな10団体を編集部が任意に選んだ。

  • 10団体すべての回答が確認できた(団体名は五十音順)
    10団体すべての回答が確認できた(団体名は五十音順)
  • 10団体すべての回答が確認できた(団体名は五十音順)

支持政党を明確にしたのは、10団体中2団体

   主な質問項目は、(1)支持する政党とその理由、(2)重視する政策、(3)憲法改正への姿勢、の3つ。いくつか選択肢を示して回答を求めた。6月9日から質問用紙の送付を始め、本日20日昼までに、「『回答なし』という答えでよい」という対応も含め、10団体すべての回答が確認できた(下記に登場する団体・法人名のあとのカッコ内は信者数。文化庁「宗教年鑑」2015年版か、該当団体公式サイトの公称数によった)。

   支持政党を明確にしたのは2団体。創価学会(827万世帯)は「公明党」と、また、幸福の科学(年鑑と公式サイトでは確認できず)は「幸福実現党」と回答した。

   「支持政党なし」と答えたのは、浄土真宗本願寺派(西本願寺、792万6894人)と、天理教(116万9744人)、立正佼成会(282万6297人)。ただ、西本願寺は、選挙の「被推薦者」を決める際には、「公職選挙宗門推薦基準」(*メモ)に沿って対応するとも明かした。

   また、先日(6月9日)、公式サイト上で「(今回の参院選では)与党とその候補者を支持しない」との文書を公表した生長の家(52万1100人)は、公表文書と同様の回答をした上で「(支持政党は)決めていない」とした。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中