2019年 6月 25日 (火)

「死刑になりたい」また無差別殺傷 同世代で繰り返される共通の「動機」

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   北海道釧路市で4人を無差別に刺した松橋伸幸容疑者(33)は、「人生を終わりにしたかった」「死刑になってもいい」と道警の調べに供述している。通り魔事件が起こるたびに、同じような供述が繰り返されるのはなぜなのか。

   松橋容疑者は逃げる女性(68)を追いかけて捕まえると、馬乗りになって上から包丁を振り下ろした。

  • なぜまた若い世代の通り魔が(写真はイメージ)
    なぜまた若い世代の通り魔が(写真はイメージ)

表情を変えずに、4人を次々に包丁で刺す

   今回の凶行は、防犯カメラなどに捉えられており、テレビでその映像も流された。

   松橋容疑者は2016年6月21日15時過ぎ、イオンモール釧路昭和店の中央通路で前出の女性を刺すと、通路を走ってほかの買い物客らを次々に襲った。この日は、特売日で店内には多くの人がおり、パニックになった。

   無表情で客らを切り付けながら、いったん立ち止まると、店員とみられる人が洋服のかかったハンガーラックを松橋容疑者にぶつける。そこに警備員が駆け寄って松橋容疑者を取り押さえ、客らしき男性が包丁を蹴り飛ばして犯行を食い止めていた。この事件で、前出の女性が胸を深く刺されて死亡し、40~70代の客や店員ら3人が首などを切られて重軽傷を負った。

   客が撮った写真を見ると、松橋容疑者は、ふっくらした体型で、サングラスをかけていた。そのまま警察官に引き渡され、釧路署などが殺人と殺人未遂の疑いで調べている。

   報道によると、松橋容疑者は、阿寒町内で両親らと一緒に住み、新聞配達のアルバイトをしていた。この日は、朝刊の配達はしたものの、夕刊のときには無断欠勤し、母親らが行方を捜していた。

   店の同僚や近所の人の話によると、普段は物静かで人に優しい人柄だったという。

   そんな松橋容疑者がなぜ無差別殺傷に走ってしまったのか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中