2019年 5月 21日 (火)

メディアは「離婚すべき」の大合唱 高島礼子、高知東生逮捕で「決断」するのか

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   元俳優の高知東生(本名・大崎丈二)容疑者(51)が2016年6月24日に覚せい剤取締法と大麻取締法違反の疑いで現行犯逮捕されたことを受けて、妻で女優の高島礼子さん(51)の動向に注目が集まっている。

   7月から放送が始まる高島さんの主演ドラマ放送が「お蔵入り」になる可能性が浮上しているほか、メディアからは早くも「離婚すべき」といった声も相次いでいる。

  • 高島さんと高知容疑者の今後はどうなるか(写真:アフロ )
    高島さんと高知容疑者の今後はどうなるか(写真:アフロ )

西川史子「今すぐにでも離婚すべき」

   高知容疑者は24日朝、横浜市内のホテルの一室で覚醒剤と大麻を所持した疑いで、一緒にいた知人のクラブホステスとともに厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部に現行犯逮捕された。ホテルの室内からは大麻を吸うために利用したと思われるガラス瓶やストローなどが押収され、高知容疑者の自宅からもストローが見つかったという。高知容疑者は、高島さんの父の介護などを理由に15年に芸能界を引退していた。

   高島さんは同日中に所属事務所を通じて「報道でこのことを知り、ただただ驚いて困惑している状況です」などとするコメントを出した。

   高知容疑者の逮捕で、高島さんにはどのような影響が出るのか。まず注目されたのは、7月から始まる高島さん主演のドラマ「女たちの最前線」(テレビ朝日系)だ。高島さんはこのドラマで警察官役を務めることになっている。高知容疑者の逮捕と高島さんは直接の関係はないとは言え、「あまりにも間が悪い」としてドラマにも影響を与える可能性が指摘されている。早くもテレビ局関係者の声として「放送中止も視野に入れた検討を始めました」などと報じるスポーツ紙もあり、先行きは不透明だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中