2022年 1月 27日 (木)

アボカド、マンゴー...増え続けるアレルギー食物 これはもう「現代病」なのか

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   アレルギー症状を引き起こす食物が増えている。アボカドやマンゴーなども、その一つらしい。

   厚生労働省によると、食物アレルギー疾患に起因するアナフィラキーショックで亡くなった人は、1999年に調査を開始して以降、ゼロ人だった2002年を除き、年間1~6人で推移している。

  • 食品メーカーは「食物アレルギー対応食品」に注力!(画像は、ハウス食品の「特定原材料7品目不使用シリーズ」のホームページ)
    食品メーカーは「食物アレルギー対応食品」に注力!(画像は、ハウス食品の「特定原材料7品目不使用シリーズ」のホームページ)
  • 食品メーカーは「食物アレルギー対応食品」に注力!(画像は、ハウス食品の「特定原材料7品目不使用シリーズ」のホームページ)

アボカドで失神や呼吸困難の例

   お笑いコンビ・フットボールアワーの後藤輝基さんが、奥さんと食事をしているとき、アボカドアレルギーで倒れ、慌てて救急車を呼ぶ事態になったことがあるという過去を、2016年6月29日放送の「ザ!世界仰天ニュース」(日本テレビ系)で語った。

   それによると、後藤さんの奥さんは、料理のソースにアボカドが使われていることに気付かなかったという。番組では、その話を聞いていた笑福亭鶴瓶さんも、自分の奥さんはマンゴーアレルギーだと明かした。

   アボカドは「森のバター」といわれるほど、栄養が豊富で人気の果物。そのまま食べるほか、料理のソースなどに使われるケースも少なくない。

   そんなアボカドがアレルギー症状を引き起こすことがあり、食べると唇や口のまわり、口の中、舌や喉にかゆみを感じたり、咳や発疹ができたりする。ただ、重症化すると、血圧の急激な低下による失神や呼吸困難に陥るアナフィラキシーショックになることもあるという。

   食物アレルギーというと、卵や乳製品、そば、小麦、かにやえびなどの甲殻類がすぐに思い起こされるが、最近は大豆やコメ、ちりめんじゃこ、鰯、トマト、いちごやさくらんぼ、スパイス・・・と、原因とみられる食物はキリがないほど。いまや「現代病」ともいえる状況なのかもしれない。

   一方、食物アレルギーの患者数について、厚生労働省は「診断がむずかしいこともあり、わかっていません」という。そのうえで、「ただ、増える傾向にあると感じています」と話す。

   コンビニエンスストアやスーパーなどで売られている加工食品の裏側には、「原材料表示」や「注意喚起表示」などのアレルギー表示があり、製造する食品メーカーもこれに則って、消費者に注意を促している。

   とはいえ、後藤さんのケースのように、レストランのような飲食店のメニューやお品書きなどに、こうした原材料を表示していることは少ない。まして、ソースなどに調理して使用されている場合などは、食べてみるまでわからないことがあってもおかしくない。

   後藤さんは「(アレルギーの原因となっている食物に、いつ出会うかわからないので)怖いですよね」と話していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中