2021年 5月 9日 (日)

サッカー長友の結婚条件は「食」 一流選手支える料理自慢の女たち

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   管理栄養士やプロのシェフ顔負けの腕前と知識で、一流男性アスリートの食事を支える女性たち。妻や母、姉、妹なら栄養面だけでなく選手本人の好みを知り尽くしていても不思議ではない。

   たとえば、サッカー日本代表でイタリア・セリエA、インテル・ミラノ所属のDF長友佑都選手の食事を作っている女性は、長友選手の面倒をみるためにイタリアに住んでいる。その胃袋をつかんでいるのは、やっぱり、うわさの「アモーレ」なの?

  • 食事管理の徹底ぶりを語った長友佑都選手(写真は2010年7月撮影)
    食事管理の徹底ぶりを語った長友佑都選手(写真は2010年7月撮影)
  • 食事管理の徹底ぶりを語った長友佑都選手(写真は2010年7月撮影)

「疲労回復、抗酸化作用に優れた食材」と太鼓判

   長友選手は2016年7月1日放送の「another sky」(日本テレビ系)に出演し、イタリアでの生活を紹介。食事管理についても明かした。

   長友選手は、16年6月に女優・平愛梨さんとの交際を発表したばかりだが、傍らで長らく料理の腕を振るってきたのは、姉・麻歩さん。その食事メニューは「野菜やタンパク質のバランスがよく、筋肉を修復してくれる」という。長友選手は、母が仕事に出ていた関係で小学校4年生の時から姉の料理を食べており、絶大な信頼を寄せている。好みもよく分かっていて、長友選手がミラノに引っ越した時に仕事を辞め、イタリアに渡ってきたほどだ。

   長友選手は、結婚相手には

「『私料理作れないよ』っていう女性は正直難しいですね。今できなくても、努力できる女性であってほしい」

と条件をつけている。気になる平さんの腕前だが、「(平さんの)料理はすごくうまい」と話す。平さん自身、14年7月27日放送の「おしゃれイズム」(日本テレビ系)出演時に手慣れた包丁・フライパンさばきを見せ、普段から料理している姿を披露した。確かに長友選手も安心して台所を任せられるかもしれない。

   食事管理には細部にわたって気を遣っている長友選手。16年5月16日放送の「やべっちFC」(テレビ朝日系)では、「2016年から、食べる物はオーガニックで揃えている」と明かし、以来「内臓脂肪が2キロ落ちて体が軽くなり、試合中の集中力が続くように脳も変わった」と好調を感じている。また、麻歩さん作のある日の夕食を紹介。アスパラガスとアボカドのサラダ、マグロのソテー、わかめときゅうりの酢の物、納豆、ブロッコリーとアーモンドミルクのスープ、と食材を豊富に使用した1汁4菜のメニューだった。

   長友選手のこうした食事内容に言及していたのが、管理栄養士の麻生れいみさん。2016年5月23付のブログで「マグロは疲労回復物質あり 抗酸化作用に優れた食材を取り入れていて素晴らしい」と述べている。パセリや生カカオ豆、ナッツ類をトッピングに使用している点も取り上げ、「野菜の捨てるような部分にもたくさんの栄養価がある」として評価した。

姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中