2019年 2月 22日 (金)

介護職員の98%「暴言や暴力受けている」 逆のニュースばかり流れる中の実態

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   介護職員の98%が、業務中に「暴言や暴力を浴びたことがある」――。介護現場の厳しい労働実態を浮き彫りにした「介護職が受ける暴言・暴力」をめぐるアンケートの結果が波紋を広げている。

   高齢者福祉施設などでの「入居者に対する虐待」が社会問題として注目を集める一方で、介護者が受ける暴力被害が取り沙汰されることは少なかった。ネット上では「想像以上だった」と驚く声が出る一方で、当の介護職員からは「仕方のないこと」「私達は世話してなんぼ」とあきらめたような意見が出ている。

  • 介護職員の「暴力被害」浮き彫りにしたアンケートが波紋
    介護職員の「暴力被害」浮き彫りにしたアンケートが波紋

「声をかけた瞬間、殴られた」

   介護職の人材紹介サービス「介護のお仕事」(運営・ウェルクス)は2016年7月10日、「介護職が受ける暴言・暴力」に関する実態調査の結果を発表した。調査は6月24日から7月1日まで、ウェブアンケートの形態で実施。介護職と関わりがある全国の20~70代の男女100人が回答した。

   調査結果によれば、「介護サービスの利用者から、暴言・暴力を受けたことがある」と回答した人は全体の98%に上った。どのような被害を受けたかについては、「利用者に噛まれた」「声をかけた瞬間、殴られた」といった回答が寄せられた。なかには、

「居室に入った途端、壁に押し付けられ、胸を触られたり、下着を外されそうになった。また、それを外から先輩職員が笑いながら見ていた」(30代女性)

という訴えも出ていた。こうした暴力被害のほか、セクハラや介助拒否といった「困った行為」をされた経験があると答えた人も99%だった。

   介護対象者からの暴力をめぐるアンケートの中では、「(利用者からの虐待は)仕方のないこと、と感じていた」「利用者からすると私達は世話してなんぼ」とどこかあきらめたような意見も出ていた。実際、こうした暴力被害を受けている職員の中で、上司や同僚などに相談して「問題を解決できた」と答えた人は15.6%にとどまっていた。

   調査を実施したウェルクスの担当者は7月15日のJ-CASTニュースの取材に対し、

「介護職員が福祉施設などの入居者を虐待したというニュースばかりが目立ちますが、逆に介護職員が日常的に受けている『暴力被害』の実状はあまり知られていません。その実態を広く伝える目的で、今回の調査を企画いたしました」

と話す。続けて、「この調査が、介護職員の待遇改善に繋がれば幸いです」との思いも明かしていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中