2022年 5月 19日 (木)

芥川賞団体「広告」にアニメファン激怒 「文学の方が上」目線かよ

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   芥川賞や直木賞などを運営する日本文学振興会が新聞に載せた広告について、アニメを侮辱しているのではないか、といった疑問や批判がネット上などで相次いでいる。

「まったくそういう意図はなくて、小説などが必ずしも皆に読まれていない危機感を真正面から訴えているつもりなんですが...」
  • 新聞広告の文面が物議醸す
    新聞広告の文面が物議醸す
  • 新聞広告の文面が物議醸す

「こんなんだから衰退すんじゃねえの」

   日本文学振興会の担当理事は、J-CASTニュースの取材に対し、困惑した様子でこう明かす。

   振興会の広告「人生に、文学を」は、大手新聞の2016年7月20日付朝刊各紙の1つの面全体を使って大きく掲載されたほか、ホームページの特設サイトでもアップされている。物議を醸したのは、次のフレーズだ。

「文学を知らなければ、目に見えるものしか見えないじゃないか。文学を知らなければ、どうやって人生を想像するのだ(アニメか?)」

   特設サイトや報道によると、振興会は今後、作家を招いた文学教室を大学で年3回ほど開くなどするといい、広告には、新聞各社を含め38社が賛同者として名を連ねている。

   ところが、ネット上では、「アニメを見ても人生を想像できない」と言っているとも読み取れるなどと憶測を呼び、炎上状態になった。その後、侮辱する意図はなかったとの振興会側のコメントが一部で報じられたが、疑問や批判は止んでいない。

「それが侮辱にならないと思うなら、それこそ貧困な想像力と言わざるを得ない」
「つもりなくても心のどこかで見下してるのが滲み出てる」
「こんなんだから衰退すんじゃねえの」

   この広告に対し、新聞社がなぜ審査で通し、賛同までしているのか、といった疑問も出ていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中