2019年 1月 18日 (金)

犯罪予告者に「GPS埋め込みを」 山東昭子氏の発言に賛否

印刷
数独ポータルはじめました!3問解いてAmazonギフト券ゲットしよう!

   神奈川県相模原市の障害者19人刺殺事件を受けて、自民党の山東昭子元参議院副議長(74)が「犯罪予告者にもGPSを埋め込むことを検討すべき」と発言した。GPSを使って位置を把握し、犯罪を未然に防ぐ目的だが、前科がなくてもという前提だけに、ネット上で大きな論議になっている。

   「ヒトラーの思想が2週間前に降りてきた」。報道によると、植松聖(さとし)容疑者(26)は、衆議院議長に大量殺りくを予告したり、施設で入所者の安楽死を求めたりして2016年2月に措置入院したとき、診察した医師にこう話していたという。

  • フェイスブックでも説明
    フェイスブックでも説明

「人権という美名の下に犯罪が横行している」

   ヒトラーと言えば、ナチス・ドイツ支配下で障害者の大量虐殺を行った歴史がある。そして、植松容疑者は、夜勤を狙って職員を縛り上げるとした予告通り、7月26日未明に犯行に及んでいた。

   精神の病が癒されて退院していたとしても、何らかのきっかけで再び「思想」が目覚めた可能性があるわけだ。

   これに対し、山東氏は、自ら率いる自民党派閥の会合で28日、「ストーカーもそうですが、人権という美名の下に犯罪が横行している」と独自の主張をした。加害者の人権も守ろうとする余り、プライバシーを過度に重んじて、再犯の余地を与えているという意味らしい。

   そして、山東氏は、次のように問題提起した。

「私どもも、法律をきちんと作って、そして犯罪をほのめかした、主張した人物については、何らかの形で、性犯罪者もそうでございますけれども、GPSを埋め込むようなこと、何がいいのか、もちろんこれから議論すべきだと思いますけれども」

   自らのフェイスブックでもこの日、「再発防止に向けて、精神疾患のある措置入院の元患者に対しては、社会の監視を継続、場合によっては強化を考える時にきていると思わざるを得ません」とつづった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中