2018年 10月 18日 (木)

「ポケモン」新ナッシーにファン仰天 あまりのデザインに「なにがあったの」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「デカすぎ」「なにがあったの...」――そんな驚きの声がファンから寄せられている。人気ゲームシリーズ「ポケットモンスター」の最新作「サン」「ムーン」に登場するモンスター、ナッシーのデザインが、これまでの作品から大幅に変更された。

   首長竜のように首が長く伸び、尻尾もついた。そして、タイプも従来の「くさ」から「くさ・ドラゴン」になった。この設定変更にファンは仰天。ツイッター上で「コラージュ祭り」が繰り広げられるなど、ちょっとした騒ぎになっている。

  • 左がこれまでのナッシー、右が最新作のナッシー(画像は「サン・ムーン」の公式サイトより)
    左がこれまでのナッシー、右が最新作のナッシー(画像は「サン・ムーン」の公式サイトより)

高さは2メートルから10メートルに

   サンとムーンは同シリーズの16作目。ニンテンドー3DSのソフトとして16年11月18日に発売が予定されており、現在、公式サイトで日々関連情報が伝えられている。

   8月1日、新たな冒険の舞台「アローラ地方」に特有の「リージョンフォーム」と呼ばれるポケモンのデザインが発表された。説明文によると、アローラ地方に住むポケモンは「独自の自然環境に適応し、ほかの地域とは異なる姿(リージョンフォーム)をしている」のだという。

   中でも、初代の作品「赤」「緑」から登場するポケモン、ナッシーは驚くべき変化を遂げた。ナッシーはヤシの木を模したモンスターで、3つの実が顔になっている。新作では、それまで強調されていなかった首が長く伸び、尻尾もついた。

   説明文によると、尻尾にある「4つ目の頭」は独立して尻尾を操り、後方の敵に対応するのだという。高さは2.0メートルから10.9メートルへ、重さも120キロから415.6キロになった。見た目はさしあたり首長竜といった印象で、それを象徴するかのように、タイプが「くさ・ドラゴン」に変わった。

   ちなみに、姿を変えた理由については、

「1年中強い日差しが降り注ぐアローラ地方の環境が、姿の変化をもたらした。アローラ地方のナッシーこそ、本来の姿であるとアローラ地方の人々は誇らしげだ」

と説明されている。

「ナッシークソコラグランプリ」開催

   デザインの発表をうけ、これまでのナッシーを知るファンは

「やばすぎ」
「デカすぎ」
「なにがあったの」

と驚きのツイートを寄せた。

   そして、そのユニークなデザインがネット上でちょっとした「祭り」を生み出した。多くのツイッターユーザーが、リージョンフォームのナッシーを、それとは無関係の写真に埋め込むコラージュを作成。「ナッシークソコラグランプリ」といったハッシュタグをつけ、互いのコラージュ写真を披露し合った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...