2018年 10月 23日 (火)

子猫を生きたまま焼いた女 動画投稿で逮捕の兵庫県警「大きな犯罪につながる可能性」

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   子猫を生きたまま焼き殺し、フェイスブックにその動画を投稿したとして、神戸市在住の無職の女(31)が兵庫県警に逮捕された。警察への通報から4か月も経っていることから、ネット上などで様々な憶測が流れている。

   あまりにも残虐なため、動画は、2016年4月に投稿されてから、ペット愛好者らの怒りを買っていた。

  • 子猫をなぜ虐待したのか(写真は記事とは関係ありません)
    子猫をなぜ虐待したのか(写真は記事とは関係ありません)

「どこまで殺せる? え~と、人間まで」

   動画を見ると、容疑者の女は、自分が飼っていたスコティッシュフォールドの子猫をつかんで逆さ吊りにし、「目が腫れて足も折られて今からもう死にます」などとつぶやく。そして、子猫を簡易焼却炉に入れて焼く様子を映していた。子猫は、焼却炉から顔を出して苦しそうにしていたが、それでも女は蓋をかぶせ、平然と歌まで歌っている有様だった。

   女は動画の中で、飼っている柴犬なども死んだとして、ほかのペットへの虐待もほのめかしていた。さらに、「どこまで殺せる? え~と、人間まで」と人への危害の可能性についても漏らしていた。

   動画投稿後は、県警への通報が相次ぎ、女の家族からも連絡があった。垂水署員が当時、女を事情聴取したところ、女は、子猫の焼却や動画投稿も認めた。ただ、異常な言動だったため、本人や家族の同意を得て、病院の精神科に医療保護入院となっていた。

   女は、治療を終えて8月16日に退院し、その日のうちに県警に動物愛護法違反の疑いで逮捕された。調べによると、女は4月18日、生後6か月のオスの子猫を自宅マンションのベランダに設置した焼却炉で焼き殺した疑いが持たれており、その様子をスマホで撮影して動画投稿していた。焼却炉からは、ほかに1歳の子犬1匹の死骸も見つかっている。女は、「取り返しのつかないことをした」と容疑を認めているという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-salon.png
【初心者大歓迎】アナログゲームイベント開催決定!

脳の普段使わない部分が活性化される感覚を味わう。初めて会う人とも盛り上がり、ついつい声まででてしまう。そんなアナログゲームの楽しさを体験しに来てください!

PR 2018/10/19

姉妹サイト
    loading...