2018年 9月 26日 (水)

「『典子は 今』を観た時は衝撃」 松山善三監督の死去に追悼の声

印刷

   脚本家・映画監督の松山善三さんが2016年8月27日、東京都内の自宅で老衰のため亡くなった。91歳だった。

   松山さんは1950年代から脚本家・映画監督として活動し、ヒューマニズムにあふれる作風で人気を集めた。サリドマイド症患者の女性が生きていく姿を描いた「典子は、今」(1981年)を監督して話題となった。

  • 初監督作の「名もなく貧しく美しく」(東宝)
    初監督作の「名もなく貧しく美しく」(東宝)

「名もなく貧しく美しく」で初監督

   1955年に女優の高峰秀子さん(2010年に死去、86歳)と結婚し、1961年に、高峰さんが演じる聴覚障害者の夫婦の生活を描いた「名もなく貧しく美しく」で初監督を務めた。その後も多くの映画の脚本・監督を手掛けた。

   ツイッターには、松山監督の手掛けた映画を見た人々から追悼のメッセージが多数投稿された。

「松山監督、高峰さんのもとに旅立たれたんですね」
「心からご冥福をお祈りします」
「子どもの頃、母親に連れられて『典子は 今』を観た時は衝撃を受けた記憶がある。御冥福をお祈りします」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中