2018年 11月 16日 (金)

「『典子は 今』を観た時は衝撃」 松山善三監督の死去に追悼の声

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   脚本家・映画監督の松山善三さんが2016年8月27日、東京都内の自宅で老衰のため亡くなった。91歳だった。

   松山さんは1950年代から脚本家・映画監督として活動し、ヒューマニズムにあふれる作風で人気を集めた。サリドマイド症患者の女性が生きていく姿を描いた「典子は、今」(1981年)を監督して話題となった。

  • 初監督作の「名もなく貧しく美しく」(東宝)
    初監督作の「名もなく貧しく美しく」(東宝)

「名もなく貧しく美しく」で初監督

   1955年に女優の高峰秀子さん(2010年に死去、86歳)と結婚し、1961年に、高峰さんが演じる聴覚障害者の夫婦の生活を描いた「名もなく貧しく美しく」で初監督を務めた。その後も多くの映画の脚本・監督を手掛けた。

   ツイッターには、松山監督の手掛けた映画を見た人々から追悼のメッセージが多数投稿された。

「松山監督、高峰さんのもとに旅立たれたんですね」
「心からご冥福をお祈りします」
「子どもの頃、母親に連れられて『典子は 今』を観た時は衝撃を受けた記憶がある。御冥福をお祈りします」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中