2019年 1月 21日 (月)

「もっこり竹の子観光」というバス会社 あの岡口判事も関心、ネットで再び話題に

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   ブリーフ一枚の裸の写真を自撮りしツイッターに写真をアップすることで知られる「ブリーフ判事」こと裁判官の岡口基一さん(50)。そんな岡口さんが最近気になるのは「もっこり竹の子観光」という東京都内のバス会社だ。「もっこり」という名前を付けて営業上の効果はあるのか、というのだ。

   この会社名は「珍名」として度々話題になっているが、岡口さんのツイッターでのつぶやきによってまたネットで話題になっている。J-CASTニュースはそんな岡口さんの疑問を解消するため改めて取材してみた。

  • 宮内庁から出入りを断られた事も(写真はもっこり竹の子観光のホームページのスクリーンショット)
    宮内庁から出入りを断られた事も(写真はもっこり竹の子観光のホームページのスクリーンショット)
  • サイトの会社概要にも確かにその名がある
    サイトの会社概要にも確かにその名がある

「もっこり」の名前の由来を社長に聞くと

   岡口さんは16年5月6日にツイッターで、「2015年最も『もっこり』した男性セレブ10人」という紹介サイトのリンクを張り、

「俺も、ゆくゆくは,こういうところに載せてもらえるような立派な『もっこり』になりたいね」

とつぶやくなど、「もっこり」への興味を公にしていた。

   その関心は次のステージに移ったようで、16年9月15日に、「もっこり竹の子観光」の公式ホームページへのリンクを張って、

「バス会社が、会社名に『もっこり』と付けて、効果があったのか、とても知りたい」

と関心を示したのだ。このツイートに対しては、

「何度か利用しましたが、なかなか快適でしたよ。社名自体は業務とは一切関係なさげでしたが、集合場所やPA等で車両が見つけやすいという特性があります。 車体に書いてある社名が目立つので(笑)」

というリプライが付いた。

   この会社は2000年設立で、東京都葛飾区に本社がある。小型と大型の観光バスの貸切運行業務を行っていて、「珍名の会社」として度々メディアで紹介されてきた。そこでJ-CASTニュースは16年9月16日に改めて同社の三瓶久一社長に社名の由来などを取材した。単刀直入に「もっこり」は男性股間のことなのか、と質問すると、

「元気いっぱい、元気ハツラツという意味だと捉えてください」

という回答が返ってきた。

「おかげさまでガンガン儲かっております」

   しかし、命名当時は不安もあったという。名称を卑猥だと思う人もいるかもしれない、と思ったからだ。法務省の登記申請所に相談したところ、若い担当者から「良い名前だ!」とのお墨付きをもらったため登録を決めた。

   実は「もっこり竹の子」の名前自体に深い意味はなく、まずお客に覚えてもらえて使ってもらえる日本らしいものを考え、向日葵、ドングリ、タンポポといった候補の中で「竹の子」に決めた。しかし、これだけではインパクトが足りない。当時は「笑っていいとも!」など強調する文言を付けるのが流行だったため、「竹の子」の前に「もっこり」を付けた。

「良い意味でも、悪い意味でも、話題になるのではないか、と思いました。するとラジオ番組から取材が入り、その思惑は『成功した』という感じでした」

と三瓶社長は語った。そんなこんなでこの名前は親しまれ、事業の方も、

「おかげさまでガンガン儲かっております」

ということだった。

   ただし、数年前に皇居で行われた叙勲授与式の送迎でバスを走らせたとき、宮内庁の担当者から、

「もっこりとは如何なものか。明日から来ないで、と断られ落ち込んだこともありましたが、それは一時だけで、今も『もっこり』の名前の付いたバスが叙勲授与式の送迎に活躍しています」

   幼稚園児の送迎も行っていて、先生からは「もっこりさん」と呼ばれているという。

   また、同社のバスガイドさんもガイドの際には「もっこり」の部分を強調して話すのだそうだ。

「なにか楽しそうで、もう言いたくてたまらない、そんな風に見えますね」

と三瓶社長は話していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中