2018年 10月 20日 (土)

母親泣かせの子どもの急性中耳炎 キシリトールガムに予防効果が

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   子どもが風邪をひくと、すぐかかりやすい急性中耳炎。子どもは痛がるし、熱は出すし、再発しやすいやっかいな病気だが、キシリトールガムが予防に効果があることが明らかになった。

   カナダ・トロント大学の研究グループが2016年8月3日、大学のウェブサイトに発表した。

  • キシリトールに口内の細菌の繁殖を抑える効果を発見
    キシリトールに口内の細菌の繁殖を抑える効果を発見

虫歯菌と同時に風邪の原因菌も退治する

   耳鼻科の専門医のサイトをみると、急性中耳炎は細菌やウイルスが耳管を通って耳の中に侵入し、鼓膜の奥の中耳に炎症を起こす病気だ。風邪をひいた時に起こりやすい。よく鼻水が原因と思われがちだが、もともと風邪はウイルスや細菌がのどを通って体内に侵入して起こり、その際、中耳に達するのが直接の原因だ。

   研究チームは、キシリトールが口内の細菌の繁殖を抑え、虫歯を予防する効果があることに注目、急性中耳炎の予防効果もあるかどうかを調べた。12歳までの子ども3405人を、キシリトールガムをかむグループと、かまないグループに分け、急性中耳炎の発症リスクを比較した。その結果、調査期間中にキシリトールガムを使わなかったグループは30%の子どもが急性中耳炎になったが、キシリトールガムを使ったグループは22%だけだった。

   キシリトールガムはかみ過ぎると、お腹が張ったり、下痢になったりするなどの副作用があるが、調査期間中の腹部の健康状態は、両グループの間で差はなかった。研究グループでは「キシリトールガムがのどの奥に付着する細菌を殺すため、急性中耳炎を減らす効果があるのでしょう。ただし、頻繁に急性中耳炎を繰り返す子どもには効果がみられませんでした」とコメントしている。

   急性中耳炎がくせになっている子どもは、しっかり耳鼻科で完治させた方がよさそうだ。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-salon.png
【初心者大歓迎】アナログゲームイベント開催決定!

脳の普段使わない部分が活性化される感覚を味わう。初めて会う人とも盛り上がり、ついつい声まででてしまう。そんなアナログゲームの楽しさを体験しに来てください!

PR 2018/10/19

姉妹サイト
    loading...