2018年 11月 18日 (日)

「股のぞき効果」で立命館大・東山教授らにイグノーベル賞

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   人々を笑わせ、考えさせる業績を称える「イグノーベル賞」の授賞式が2016年9月22日(米国時間)、米ハーバード大学であった。日本からは東山篤規(あつき)・立命館大教授(65)と足立浩平・大阪大教授(57)「股のぞき効果」実証で第26回の認識学(知覚)賞を受賞した。日本人が受賞するのは10年連続。

   「股のぞき効果」とは前かがみになり股の間から後ろ見ると、天地が逆さまになり実際より小さく見えるというもの。受賞について東山教授は、

「こういう浮世離れの感がする研究を真剣に取り上げ、評価してくれたことをうれしく思います。若い学生・研究者は、誰もしないこと、自分が面白いと思うことを研究してほしい」

とのコメントを出した。

転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中