天皇陛下、皇居内タヌキの研究論文を発表

印刷

   宮内庁は2016年10月6日、天皇陛下が研究者と共同執筆した論文「皇居におけるタヌキの果実採食の長期変動」が8月22日発行の国立科学博物館研究報告書に掲載されたと発表した。

   陛下は2009年1月から13年12月まで、タヌキが排便をしにやってくる皇居内の「ためふん場」で毎週日曜にフンを採取。顕微鏡で内容物を分析した。その結果、ムクノキなど8種の植物が季節ごとに食べてられていることが分かったという。

   陛下は2008年にも皇居のタヌキに関する論文を執筆している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中