2018年 10月 24日 (水)

「駅乃みちか」スケスケスカートが大物議 東京メトロ、批判受け微妙に「修正」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   先日発表された東京メトロの公式キャラクター「駅乃みちか」の「萌え絵」について、同社が制作サイドにデザインの修正を求めていた。

   駅乃みちかは「23歳の同社サービスマネージャー」という肩書きで2013年に登場。今回、玩具メーカー「タカラトミー」の子会社「トミーテック」(栃木県下都賀郡)とのコラボレーションで、初めて「萌え絵」が作られた。しかし、スカートから下着のようなものが透けて見えていたり、頬を赤らめていたりと、オリジナルデザインと大きく違うビジュアルだったため、物議を醸していた。

  • 修正後の「駅乃みちか」(「鉄道むすめ」の公式サイトより)
    修正後の「駅乃みちか」(「鉄道むすめ」の公式サイトより)
  • 修正前の「駅乃みちか」(「鉄道むすめ」の公式サイトより)
    修正前の「駅乃みちか」(「鉄道むすめ」の公式サイトより)

まるで「別人」のようなデザイン

   駅乃みちかは東京メトロの公式キャラクターとして、これまで多くのイベントに登場している。困り眉とつぶらな瞳が特徴で、「萌えキャラ」や「ゆるキャラ」といった流行りのビジュアルから一歩引いた、古風なたたずまいがファンに受けていた。

   初登場から3年たった16年10月13日、駅乃みちかの「萌え絵」がトミーテックのキャラクターコンテンツ「鉄道むすめ」の公式サイトで発表された。

   「鉄道むすめ」は、実在する全国各地の鉄道会社の制服を着た美少女キャラクター。鉄道会社のオリジナルキャラクターを改変したものや鉄道会社の特徴を踏まえて同社が創作したものなどさまざまだ。

   駅乃みちかの「萌え絵」は、そうしたキャラクターが登場するスタンプラリーイベント「全国『鉄道むすめ』めぐり」(17年2月11日開催)に先立って制作された。

   ただ、見た限り、オリジナルデザインとは似ても似つかない「別人」という印象だ。頬を赤らめ、足をくねらせ、うっとりとした表情を浮かべる駅乃みちか。トレードマークの黒いスカートも当初は、下着のようなものが外から透けて見えるようにデザインされていた。

   そのためか、ネット上で

「本当に気持ち悪い」
「ああいうの受けるの?」
「スカートが気になるな...」

と疑問の声が相次いでいた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...