2019年 4月 20日 (土)

米ペプシコ、「ソーダ税」にらみ「砂糖減らします」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   米清涼飲料大手ペプシコは、2025年までに飲料製品に含まれる砂糖の量を大幅に減らすと2016年10月17日に発表した。肥満や心臓病などのリスクを下げる狙いと、「ソーダ税」と呼ばれる、糖分を多く含む炭酸飲料への税金導入の動きに対処する。

   発表によると、12オンス(約350ミリリットル)当たり100キロカロリー以下の製品シェアは現在4割程度で、これを3分の2まで高める。新製品についてはカロリーゼロといった低カロリー製品に注力する。

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中