2019年 7月 22日 (月)

平幹二朗さん急死 共演の愛之助「もう一度、もう一度...」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   俳優・平幹二朗さんが2016年10月23日に亡くなった。82歳だった。同日放送の「Mr.サンデー」(フジテレビ系)が報じ、その後各メディアが一斉に報じた。

   報道によると、同日18時半ごろ、都内の自宅の浴室で倒れているのを家族が発見。その後死亡が確認されたという。死因は不明だが、外傷がないことから事件性はないとみられている。

  • 平幹二朗さん(画像は所属事務所の公式プロフィールのスクリーンショット)
    平幹二朗さん(画像は所属事務所の公式プロフィールのスクリーンショット)

蜷川幸雄さんへの弔辞は「僕らはまた、近いうちに再会する」

   平さんは高校卒業後、俳優座養成所を経て56年に俳優座に入団。退団後に出演した浅利慶太さん(83)演出の劇団四季「ハムレット」(68年)で高い評価を受け、新たな境地を開いた。

   故蜷川幸雄さんの作品には数多くの出演歴があり、「王女メディア」「近松心中物語」「NINAGAWAマクベス」等では海外からも注目を集めた。16年5月にあった蜷川さんの告別式では、劇の一節を用いて「僕らはまた、近いうちに再会する」との弔辞を読んでいる。

   82歳という高齢でも現役を貫き、最近では10月9日に千秋楽を迎えた舞台「クレシダ」の主演を務めていた。17日にスタートした月9ドラマ「カインとアベル」(フジテレビ系)にも出演中だった。17年1月には、舞台「死の舞踏」への出演も決まっていたが、「クレシダ」が最後の舞台となってしまった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中