2019年 11月 20日 (水)

トップ棋士が対局に来ない... ニコ生「不戦敗」の一部始終を中継

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   将棋の公式戦「叡王戦」(ドワンゴ主催)で、トップ棋士が対局に来ずに不戦敗となる珍事があった。その様子はニコニコ生放送で中継されたこともあって、ネット上で大きな話題になっている。

「今日は昼から実力者同士の一番」
「...さあ...始まる...」
  • じっと待ち続ける豊島将之七段(ニコ生から)
    じっと待ち続ける豊島将之七段(ニコ生から)

「叡王戦が放送事故みたいになってる」

   4強をかけた2016年10月30日の叡王戦は、棋王、王将のタイトル経験ある久保利明九段(41)と若手の豊島将之七段(26)の対決という将棋ファン注目の一戦だった。タイトル戦ではないが、優勝者は将棋ソフトの代表と戦うことになっている。

   東京都渋谷区の将棋会館で行われたこの日の叡王戦は、ニコニコ生放送で中継された。しかし、予定時間の14時になっても、豊島七段だけが席についたままだ。豊島七段が久保九段の分まで将棋の駒を並べ始めると、ツイッターなどでは驚きの声が上がった。

「久保九段現れない・・・」
「豊島七段がポツンと座ってるのが なんとも切ないなぁ」
「叡王戦が放送事故みたいになってる」...

   豊島七段は、正座して盤上をじっと見ていた。しかし、時々しびれを切らして、腰を少し上げたり、上を見上げたりする。こうした状況が延々と中継され続けた。

   解説の中村太地六段が「これはなかなか見れない映像だと思います」「こんな光景はないですね」と話し、時間を使うためか中継中に久保九段が来るかどうかのアンケートも行われた。

   アンケートでは、「来る」が56%、「来ない」が44%で、久保九段に来てほしいという声は多かった。しばらくして、久保九段は対局には間に合わないと連絡が来たことが中村六段から告げられた。すると今度は、「場所の間違いなのか、アクシデントか」「何かあったのかな、大丈夫かな」と事故などを心配する声がネット上で上がり、騒ぎはさらに拡大した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中