2021年 6月 15日 (火)

「広島焼き」表現に広島県民怒る NHKテロップ修正でネット論議

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   NHKのバラエティ番組で、お好み焼きを紹介するのに「広島焼き」とテロップを出したところ、視聴者から抗議が相次いでいたことが分かった。

   大阪のお好み焼きは、小麦粉の生地と肉やキャベツなどの具を混ぜ合わせるのに対し、広島のお好み焼きは、生地の上に具を重ねていくのが特徴だ。

  • テロップ修正を報告(NHKホームページから)
    テロップ修正を報告(NHKホームページから)
  • テロップ修正を報告(NHKホームページから)

「広島人の感情を逆なでしてどうする」

   サラリーマンらの昼飯を紹介するNHKの番組「サラメシ」では、2016年9月20日の放送で、広島のお好み焼きを「広島焼き」としてテロップで流したことから、ちょっとした騒動になった。

   この日は、プロ野球・広島カープのリーグ優勝にちなんで広島を特集し、その中で名物のお好み焼きも取り上げた。問題のテロップが出たのは、その映像が流れたときだ。

   NHKホームページ上の9月分の「視聴者対応報告」によると、放送の後から視聴者の広島県民らから抗議が相次ぎ、ツイッターでも同様の声が上がった。

「広島のお好み焼きはお好み焼き! 広島焼きなんてもんは、広島にはありません! 広島について放送するのに、広島人の感情を逆なでしてどうするんですか?」(40代男性)
「広島県人が一番怒る言い方です。広島風お好み焼きならまだ許せる。東京の人が作った番組だと思った」(30代女性)

   こうした視聴者の声を受け、番組スタッフは早速、地元の広島放送局に電話して意見を聞いた。その結果、番組のプロデューサーが「せっかく広島の特集を行ったのに、広島県民の気持ちを損なっては意味がない」と判断し、2日後の再放送では、「お好み焼き」とテロップを修正した。これに対し、ツイッター上では、NHKを評価する声が相次いだとして、「広島県民の声に素早く対応」としている。

   この報告内容は一部で報じられ、2ちゃんねるでスレッドが複数立つなどして、「広島焼き」の是非などが議論になっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中