2022年 12月 7日 (水)

ファブリーズ「くさや」CM、批判で放送差し替え 対決映像に産地から苦情

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

「臭くても食べ物」「いや認知度高まる」と賛否両論

   ファブリーズのCMが物議を醸していることを11月25日の夕刊紙が報じると、ニュースのコメント欄などでは、CMの内容に賛否が分かれる議論になった。

   疑問や批判としては、「臭くても食べ物だからな」「カメムシくらいにしとけば問題なかったのに」「最後をみんなでうまそうにくさや食うシーンにすれば良かった」といった声が出た。

   一方で、「なんでそんなに怒るのか」「そのくささが売りなんじゃないの?」「くさや食べたいって思わせるチャンスだと思うのだが」と、むしろCMがくさやの認知度アップにつながるとする意見も多い。

   P&Gの広報部では、28日のJ-CASTニュースの取材に対し、「分かりやすさを追求するあまり、表現が行き過ぎてしまい、伝統食に対する敬意が足りなかったと考えています」と話す。

   苦情を入れた人からアドバイスを受けて、26日に東京・池袋で開かれた離島イベントでくさやの生産者と会い、CMについて意見を聞いた。そこでは、「くさやの認知度アップになった」という声もあり、おいしさもCMに盛り込んではどうかなどと建設的な提案も受けたという。そこで、CMについて、適切な表現を考えたうえで、作り替えたものを再度流すことも検討していると明かした。

   ただ、怒りの声が出たことを重く受け止めているとして、くさや対決のCMをこのまま打ち切る可能性もあるとしている。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中