2019年 7月 17日 (水)

百田尚樹氏、「在日」ツイートで弁解 「小説家引退」は撤回か

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   千葉大医学部の学生3人が集団強姦致傷などの容疑で逮捕された事件で、「(犯人の学生たちは)在日外国人たちではないかという気がする」とツイートしていた作家の百田尚樹氏は、警察が容疑者の実名を発表した後の2016年12月6日、ツイッターで弁解した。

   「『日本人だったじゃないか、謝れ!』というリプを大量に貰った」とした上で、「私は在日外国人だからやったのだろうとは言っていない」と言う。

  • 作家の百田尚樹氏
    作家の百田尚樹氏

「ひとつの推論を挙げたにすぎない」

   千葉大医学部5年生3人が集団強姦致傷容疑で逮捕された事件で、千葉県警は2016年12月5日、被害女性の体を触ったとして医師の藤坂悠司容疑者(30)を準強制わいせつ容疑で新たに逮捕した。その上で、11月22日の逮捕以来、一貫して伏せていた容疑者の学生3人の名前は、同大医学部5年の吉元将也(23)、山田兼輔(22)、増田峰登(23)だと明らかにした。

   これが報道されると百田氏は6日昼、ツイッターに

「千葉大レイプ事件の犯人名が公表された。『日本人だったじゃないか、謝れ!』というリプを大量に貰った」

と投稿し、自身の「在日外国人たちではないかという気がする」というツイートについては

「私は在日外国人だからやったのだろうとは言っていない。県警が犯人名を公表しない理由してひとつの推論を挙げたにすぎない。しかしその推論は間違っていた」

と弁解した。その上で「それにしても犯人は人間のクズ!」と糾弾し、コメント欄には

「推論なら何でも言っていいのか?」
「何で謝れなんだか、誰に?」
「通名の可能性もあると思いますけど」

という声が寄せられた。

   問題となっているのは2016年11月24日、百田氏の

「千葉大医学部の学生の『集団レイプ事件』の犯人たちの名前を、県警が公表せず。犯人の学生たちは大物政治家の息子か、警察幹部の息子か、などと言われているが、私は在日外国人たちではないかという気がする」

というツイートだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中