「世界に一つだけの花」300万枚突破 ファン「SMAP帰るまで続ける」

印刷

   「SMAPは終わらせない!」、そんな意気込みで始まった「SMAP」の代表曲「世界に一つだけの花」のCD購入運動。2016年12月8日に目標だった300万枚を突破した。

   ツイッター上では「おめでとうございます!!!」といった歓声が挙がる一方で、この300万枚は単なる通過点だとしてこれからも買い続けていく、という決意表明が出ている。解散は避けられない事態になっているが、いつの日か戻って来るのを待つためなのだという。

  • 300万枚達成をメンバーはどう受け止めているのだろうか?
    300万枚達成をメンバーはどう受け止めているのだろうか?

サザン「TSUNAMI」抜き、歴代3位に

   ランキングサイトの「オリコンニュース」(16年12月9日配信)は、12月5日~8日付のオリコンデイリーCDシングルランキングで、世界に一つだけの花」が3.3万枚を売り上げ、発売から13年9ヶ月で累積売上数が300.8万枚に達した、と発表した。16年1月からそれまで42万枚近くを売ったことになる。

   解散・分裂報道があった1月からファン達は、グループ存続を願って「花摘み」といったCD購入運動を続けてきた。今年はCDデビュー25周年なのに新曲のリリースも記念コンサートも開かれないため、

「ジャニーズ事務所が隠すことが出来ないオリコンの記録を、SMAPにプレゼントしたい」

という思いもあり、16年9月のオリコンのマンスリーランキングでは4位という高位置に登った。11月にはサザンオールスターズの「TSUNAMI」(293万6000枚) を抜き歴代3位の売上枚数なった。

   ツイッターでは念願だった300万枚の達成に「おめでとうございます!!!」「感謝しています」といった歓声が挙がり大いに盛り上がっているが、当初の念願だったグループの解散阻止の叫びはほとんど見られない。解散は避けられないものという認識が広まっているからだ。

「おかえり、SMAPと絶対に言いたい!」

   ファンの思いは12月末で一度は解散しても、いつか再び戻って来てほしい、という願いに変わっている。そのため、300万枚の売り上げ達成は素直に喜ぶけれどもこれは単なる通過点であり、これからも買い続け「SMAP」にメッセージを送り続けよう、という呼びかけが起きている。ツイッターには、

「でもこれがゴールではないので、SMAPが大切で必要なんだってことを伝え続けたい」
「花がついに300万の花束になった でもね、これで終わりにしないからね。絶対に言いたい。『おかえり、SMAP』って。 ですよね?皆さん!!」
「SMAPが帰るまでが購買運動です」

などといったつぶやきが出ている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中