今年の漢字、また「金」 2000年代で3回目

印刷

   日本漢字能力検定協会は2016年12月12日、毎年恒例の「今年の漢字」が「金」になったと発表した。清水寺(京都市東山区)の舞台で、森清範貫主(かんす)が特大の和紙に一字をしたためた。

   第22回となる今回は、15万3562票の応募から選ばれた。「金」が選ばれるのは2000、14年に続き3回目となる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中