2018年 11月 17日 (土)

ゴーストライター問題で全国ツアーが中止に 佐村河内氏に5670万円の賠償命令

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   耳が聞こえない作曲家として活動していた佐村河内守(さむらごうち・まもる)氏が実際にはゴーストライターに作曲させていたことが2014年に発覚した問題で、一連の問題で中止になった同氏の全国公演を企画したサモンプロモーション(大阪市)が損害賠償を求めた訴訟で、大阪地裁は2016年12月15日、佐村河内氏に約5670万円の支払いを命じる判決を出した。各メディアが報じた。

   サモンプロモーションは2013年から14年にかけて全国公演を実施する予定だったが、14年2月の問題発覚を受け、それ以降に予定されていた14公演を中止した。高松宏之裁判長は、佐村河内氏が事実を告げずに企画に積極的に関与したことを不法行為だと認定した。

   佐村河内氏は、終了した公演の著作権使用料を求めてサモンプロモーションを反訴していた。この反訴については佐村河内氏の訴えを認め、サモン社から佐村河内氏に約410万円を支払うように命じた。

転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中