「逃げ恥」大ヒットの秘密 番組タイトル「四・四・五」リズムが鉄板

印刷

   大人気テレビドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」が16年12月20日に最終回を迎えたが、「逃げ恥」ファンの興奮がなお冷めやらない。

   そんななか、J-CASTニュースが、ツイッターで「『逃げるは恥だが役に立つ』と同じリズムの言葉」を紹介すると、大きな反響が寄せられた。どうやらタイトルの「四・四・五」の語調が、多くの読者に強い印象と記憶に残したようだ。実は過去のヒットコピーや番組タイトルにも同じリズムが多数出てくる。

  • 「逃げるは恥だが役に立つ」公式サイトのスクリーンショット
    「逃げるは恥だが役に立つ」公式サイトのスクリーンショット

リツイート1300件

   J-CASTニュースのマスコットキャラクター「カス丸」の公式ツイッターアカウントは12月20日夕、「逃げ恥」と「リズム感が同じ言葉」を思いつき、7つを列挙した。その一部は、

「止まって 右見て 左見て」(交通安全の標語)
「お金で 買えない 価値がある」(マスターカードのCM)
「押さない 駆けない しゃべらない」(避難訓練の標語)
「煮るなり 焼くなり 好きにしろ」

などで、いずれも「四・四・五」のリズムで、ほかには何のコメントもつけなかった。

   ところが、この投稿に対して、リツイートしたユーザーから、多くの反応があり、

「445のリズムは七五調の変形でしょ?」
「要するに『七・五調』で口調がいい言葉たちってことね」

などいったコメント相次ぎ、リツイートも1日で約1300に達した。さらに、みずからも思いついたとして、

「墾田永年私財法」
「生麦 生米 生卵」
「必ず最後に愛は勝つ」(KAN「愛は勝つ」の歌詞)
「桜井 坂崎 高見沢」(THE ALFEEのメンバー)
「スリジャヤワルダナプラコッテ」(スリランカの首都)
「呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーン」(ハクション大魔王)

といった「同じリズムの言葉」が多数寄せられた。2016年を代表する「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」も七五調ではないかとの指摘もあった。

キャッチコピーや番組タイトルの定番

   日本には「七五調」と呼ばれる、詩のスタイルがある。「万葉集」「古今和歌集」にも見られる7音+5音で構成された文体で、8音(4音+4音)+5音の「逃げるは恥だが役に立つ」も、その一種と考えられる。

   「逃げ恥」と同じパターンは、テレビでもよく登場する。お笑いコンビ、レギュラーのネタ「あるある探検隊」は、基本的にこのリズムで「あるある」を連呼している。また、

「100人乗っても大丈夫」(イナバ物置のCM)
「同情するなら金をくれ」(ドラマ「家なき子」)
「人生楽ありゃ苦もあるさ」(ドラマ「水戸黄門」)
「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビのバラエティー番組)

といった、印象に残るキャッチコピーやタイトルの多くが、このリズムを踏襲している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中